FAQ

製品に関して

国交省の防火認定は取得していますか

防火の認定は受けておりません。弊社製品は耐火構造にはなっておりませんが、不燃材料のアルミ製品となっております。また、防火に関しては主要構造部に対しての規定が定められておりますが、ひさしは主要構造部に含まれておりませんので防火の規定はございません。
建築基準法2条5号で『主要構造部とは「壁・柱・床・はり・屋根又は階段」をいい、建築物の構造上重要でない「間仕切壁・間柱・附け柱・揚げ床・最下階の床・廻り舞台の床・小ばり・ひさし・局部的な小階段・屋外階段」その他これらに類する建築物の部分を除くものとする。』 となっております。
不燃材料の定義『通常の火災による加熱を加えられた場合に、加熱開始後20分間延焼せず、防火上有害な変形、溶融、亀裂その他の損傷を生じず、かつ避難上有害な煙又はガスを発生しない材料』です。

コーナー加工は出来ますか

90°コーナーの出隅コーナー・入隅コーナーの製作が可能です。
出幅600mm以下→AF91/915/92/925/93/73/76/78/79/795/796にて可能です。
出幅600mm 以上→AD2-2S出幅1500mm以下にて対応可能です。出幅1000mmを超えますとコーナー部にサポートポールが必要です。
その他対応可能庇につきましてはカタログ・商品詳細をご確認ください。

規格色以外の色は出来ますか

規格色以外の場合は、焼付塗装にて対応可能です。
塗装はアクリル焼付・ウレタン塗装・フッ素塗装よりお選びいただけます。
その際、マンセル値・日塗工番号等をご指定ください。
塗装の場合は、通常納期+2週間は最低でもかかりますので早めのご注文をお願いします。
塗装の金額は定価の30〜50%となります。詳しくは、お問い合わせください。

尚、弊社製品でAP60(アルポリック)シリーズ・AF800(ガラス庇)シリーズは塗装不可となっておりますのでご了承願います。

図面がほしいです

CAD DATAに製品の参考図面を掲載しております。
掲載がない製品に関しましてはお問い合わせください。

LEDに人感センサーは付いていますか

人感センサーは付属しておりません。
お客様にて商用電源と専用電源との間に設置していただくことは可能です。
また、LEDユニットと付属の電源の間にセンサー等は繋がないでください。 電気工事施工をしておりませんので推奨品等もお答えできかねます。

出幅は最大何ⅿですか

製品により異なります。

サポートポールなしの場合の最大出幅→出幅2000㎜(AD1)
サポートポールありの場合の最大出幅→出幅3000㎜(AD2-2(前勾配)・サポートポール仕様)
サポートポールありの場合の最大出幅→出幅4000㎜(AD-R(逆勾配)・サポートポール仕様)
※取り付け場所の環境(積雪条件・強風地域)等により対応できない場合がございます。

吊下げ式の場合の最大出幅→出幅6000㎜(ADパネル・吊下げ仕様) 
※パネルのみの供給です。鉄骨下地等は現場にてご用意願います。
※寸法によって、フルチャーター使用により、運賃が別途かかることがございます。

全長は最大何ⅿまで対応可能ですか

一部製品をのぞき庇の長さ(L寸法)に制限がございません。
製品毎にジョイント部までの上限長さはございますが、ジョイントすることで何メートルでも可能となっております。詳しくは製品ページ、カタログにてご確認ください。

たてどいはありますか

オプションにて角たてどい(45角・樹脂製)がございます。
尚、角たてどいを設置できる商品は下記のみとなります。

*AD-R(逆勾配)
*ADシリーズ(前勾配)・Gタイプ(三方樋仕様)
*AF95・先端樋仕様

材質の表面処理について教えてください

ADシリーズ(規格色)の表面処理はJIS H8602:2010に規定するA1,A2となっております。

A1=屋外(過酷環境かつ紫外線露光量の多い地域)
A2=屋外(過酷環境)

※過酷環境とは海岸近くの塩害地域に該当致します。

納期はどのくらいですか

小庇→実働納期1週間程度での出荷
AD1・2、2-2→実働納期1〜2週間程度での出荷
AD-R→実働納期2週間程度での出荷
ガラス庇→実働納期約3週間程度での出荷

※数量・加工等により変動することがございます。詳しくはお問い合わせください。

サポートポールが必要な製品・出幅は

AD2-2,AD-RN…出幅1501㎜以上〜
AP60…出幅601㎜以上〜
AF800シリーズ…出幅601㎜以上〜
AP60S・AF800S…出幅に関わらず必要

上記の製品・寸法はサポートポールの取付が必須となります。
尚、上記以外の寸法でもオプションにてサポートポールを取り付けることは可能です。
(※小庇でのサポートポールは対応不可となります。)

ADシリーズのレールの穴径は

横ルーズ穴14×30の穴が開いています





施工に関して

施工はしていますか

弊社では施工を行っておりません。
お手数ですがお近くの工務店様等をお探し願います。尚、施工業者様のご紹介は出来かねます。

設置条件は何ですか

壁の種類によって設置条件がございます。

・先付(内部ナット止式)の場合、壁の種類問わず、製品最大出幅まで対応
・後付(外部アンカー止式)でRC壁の場合、製品最大出幅まで対応
・後付(外部アンカー止式)でALC・鉄骨・アスロックの場合、出幅500以内(小庇)対応
・後付(外部アンカー止式)で木造の場合、ADシリーズ/アルポリック/AF95/AF795/AF796が対応(以下条件アリ)

<木造後付の条件>
【ADシリーズ】
AD1 出幅600~1000にて対応。必要下地 105×150相当以上
AD2 出幅600まで対応。必要下地 105角相当以上
AD2-2 出幅601~1000にて対応(吊元大仕様) 必要下地105×150相当以上
AD-R 出幅600~1000にて対応 必要下地105×200相当以上
※サポートポールをつけた場合でも条件は同様です。

AP60(アルポリック)
出幅1000以下、105角程度に相当する下地があること

AF95
105×150角程度もしくは105角程度を上下に固定(見附幅200㎜程度)に相当する下地があること

AF95
AF795/AF796
105角以上に相当する下地があること

補強材の指定はありますか

特に指定はしておりません。基本的に庇の長さ分に十分に強度のある補強をいれていただき躯体に接続していただくことを推奨しております。
弊社では庇のボルトにかかる強度計算は承っておりますが、壁の強度に関しましてはわかりかねますので壁の強度等に関しましては外壁メーカー様へご確認願います。

サイディングの上から取付可能ですか

可能です。
外壁サイディング張りを施工してから庇を施工される場合、締め付けによる破損の可能性がございますので、予めつぶれ防止対策等をご検討願います。
基本的に貫通内部ナット止めで下地補強材を躯体に接続していただくことを推奨しております。

外壁が波板仕上げでも取付可能ですか

外壁が波板仕上げですと、ボルトの締め付けによる損傷の可能性がございますので事前につぶれ防止対策等ご検討願います。
尚、庇を施工してから外壁サイディング張りをする場合、庇上部から雨が入らないよう現場にて水切等で処理をして頂く必要がございます。

ボルトを出す際の注意点

ADシリーズの場合は、外壁の仕上より28〜30ミリ以内でお願いします。他の品番につきましては、お問い合わせください。





その他

どこで販売していますか・販売価格が知りたい

弊社では代理店からの販売のみとなります。
実際の販売価格は金物商社・問屋・サッシメーカー・ シャッターメーカー等の商社・建材メーカーにてお見積り・ご注文願います。

色サンプル・カットサンプルがほしい

カラーサンプルにつきましては、各種品番別にご用意させていただきます。
問合せフォームよりご希望の品番を明記の上、ご依頼願います。
カットサンプルにつきましてはご用意できない品番がございます。詳しくはお問い合わせください。





このページのトップへ